もあのたびぶろぐ

主に鉄道の乗り放題切符を使った旅を書いていきたいと思います。

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

アマゾン 堀江由衣

ブロとも一覧

amazon TVゲーム

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

近鉄週末フリーパスを使ってみた 3日目 

フリーパス最終日は再び名古屋に行きます。行程は省略しますが、ただ真っ直ぐ名古屋に向かうのも芸が無いので、ちょっと四日市に寄り道をしてみました。



DSC_0045_20100518074221.jpg
一見するとこの小さい車両、「何か遊園地の遊具っぽいw」と思った方もいると思いますが、これも立派な旅客営業されている「鉄道」です。この近鉄内部・八王子線は軽便鉄道と言って、普通の鉄道と比べてレール幅が狭いのです。ロングシートの車両だと反対側に座る人の足にぶつかりそうです。



DSC_0052.jpg
内部線の終点、内部まで往復してみました。こういう思いつきで寄り道できるのもフリーパスの醍醐味ですね。



DSC_0056.jpg
名古屋に到着。今日は名古屋市交通局の土日エコきっぷを使って、名古屋の名所見学&地下鉄乗りつぶしをします。名古屋で切符購入し、改札をくぐった直後に東山線内の人身事故でダイヤに乱れというアナウンスがありました。幸先の悪いスタートです。



DSC_0060.jpg
栄で下車。出口を出たらすぐに名古屋のテレビ塔が見えました。まずは名城線を右回り1周します。



DSC_0067.jpg
ナゴヤドーム前矢田駅は、名前の通り、ナゴヤドームへの最寄り駅です。改札と出口の間には「ドラゴンズロード」と呼ばれる通りがあり、そこには選手達や歴代の優勝シーンの写真がたくさん飾ってあります。中日ファンの自分としてはどうしても行ってみたかった場所です(ドームには3回行ってますが、その時はドラゴンズロードはありませんでした)。


DSC_0070.jpg
今年もこういう光景が見れたら最高ですねww



DSC_0075.jpg
ナゴヤドームの全景です。久しぶりに観戦に行きたいのですが、今日は乗りつぶし優先なのと、ナイターなので確実に途中で切り上げ+特急に乗車になるので今回はパス。



DSC_0084.jpg
DSC_0080.jpg
次は神宮西駅で降り、少し歩いて熱田神宮へ。境内の中の森に鶏が放し飼いされてました。もしかしてこの鶏、名古屋コーチン?いやいやそんな(ry


DSC_0089.jpg
栄で無事に1周完了。最後に鶴舞線に乗ったら名古屋の地下鉄は全線走覇となります。まずは上小田井へ。駅の上を東名阪道が走っています。



DSC_0092.jpg
赤池到着で、「名古屋地下鉄マイスター」になりましたww ここから先は名鉄豊田線で豊田市の方に行けますけど今回はここで打ち止め。
全線制覇記念という訳で、駅の近くにある「レトロ電車博物館」という、昔の名古屋地下鉄で走った車両等をを展示している所へ行ってみました。しかし、


営業時間が過ぎてた・・・


DSC_0103.jpg
なので、最後の締めは大須観音にしました。大須は名古屋の「電気街」ですが結構普通の商店街です。大阪で言えばでんでんタウン+アメ村+黒門市場がごった煮になってる感じですか。観音様を見ながらコンビニ弁当を晩御飯に(お金ないから・・・orz)しました。



DSC_0114.jpg
最終日も急行乗り継ぎで帰りました。帰りぐらいは特急に乗ったほうがいいと思いましたw
フリーパスの値段は4000円ですが、正規運賃だと11530円分乗っていました。やはり大阪~名古屋往復(4600円×2)が効いてますねww
ここまで乗らなくても、単純に名古屋往復だけでも元が取れるこの切符、一度使ってみてはいかがでしょうか?





スポンサーサイト

テーマ: 鉄道の旅

ジャンル: 旅行

[edit]

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://blackcat893.blog11.fc2.com/tb.php/37-7ae63d04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。